ヒヤリハット体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の事です。
午後、店の車を運転していました🚘
片側3車線の大通りから、右折するために2車線ある右折レーンの左側にいて、T字路に差し掛かり先頭にて信号待ち。
信号が青に変わったタイミングでスタート。
右折が終わったぐらいのタイミングで、突然、車に異常を感じたと同時くらいにハンドルがロック。
右側のレーンから車が来ているのが運転席から見え、ぶつかりそうになったので慌ててハンドルを左に切る。
その後はよく覚えていないが、蛇行し車が左側正面を向き少し経ってから一番左側の縁石にぶつかりようやく車が止まるという事がありました。
ですので、結果としては単独事故となりました。
後ろから車が来ており、ぶつかりそうになったのも確認出来ていた為、相手の車の運転手は自分の運転にかなりビックリしたと思います。
車を制御できなったとはいえ、申し訳ない事をしてしまいましたm(__)m
ただ、お互い、ぶつかることなくやり過ごせたという事は本当に良かったと思うし、車が制御できない状態で単独事故で済んだ事は奇跡に近い事かなと思っています。

車が止まった後は、場所が片側3車線大通りで車通りが多い場所でしたが状況を確認したくて一度車を降り車の状況確認。
幸い、走行できそうでしたが、バンパーが落ちかけていたので修理が必要だった為、安全な場所に車を移し、保険屋さんに電話しようと思い車を走らせましたが、少し走るとガリガリという異音がし始め、そのうちにタイヤがガタガタと…。
パンクしたと思い、側道に車を止めました。
この道が細くて、車がすれ違い出来ないような感じでしたが、少し先に会社のような物があり、出入り口が広く、そこだったらすれ違いでできたのでそこまで移動。
で、保険屋さんに保険会社に状況説明しレッカーという流れになりました。

レッカーを依頼してからの出来事です。
保険会社にレッカーを手配してもらいました。
レッカーが到着までに1時間かかると言われ、レッカー後は自分で帰ることに…。
自分で帰れるような場所におらず、保険屋さんに電話し事情を説明。
すると、レッカー対応が終わったら迎えに来てくれると言って下さいました。
それから、レッカー待ちの間、地元の同級生が仕事で近くにいて、温かいコーヒーの差し入れを持ってきてくれました。
2人の温かみをすごく感じた瞬間でした!
とても助かりましたm(__)m

実は、この車、前輪がツルツルになってしまっていて、父親に「タイヤの入れ替えだけでもやっておいた方がいい」と言われたので、今日、タイヤの入れ替えを車屋さんにお願いしてあったんです…。
そのタイミングでの事故となってしまいました(T_T)

関連記事一覧

最近の記事

  1. 2024.03.30

    変化
  2. 2024.02.21

    訃報
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP